出窓は、床面積に算入しなくても良いのですか?

出窓は、すべてが床面積から除外されるわけではありません。

出窓の基本は、Aで表現した下端の床面からの高さは30㎝以上で、周囲の外壁面からの水平距離は、50㎝未満であるもので、かつ見付面積の1/2以上が窓であるものに限られます。

BからDの場合は出窓と認められませんので、その場合は、床面積に算入してください。
B:出窓の下に地袋(物入)を作った場合
C:出窓の天井が室内の天井の高さ以上に位置するものになっている場合。
D:出窓の部分が屋根と一体となっていて、下屋となっていない場合。