階段手すりを付けなくてもよい方法はありますか?

階段には必ず手すりを付けなければなりません。(施行令第25条第1項「階段には、手すりを設けなければならない」)
ただし、床から1m以下の部分には設けなくてもいいです。(同条第4項)
ですから、住宅の階段の場合、おおよそ5段目までは手すりを設けなくてもよいことになります。